憲法9条にノーベル平和賞を

For English http://npp4a9.blogspot.jp   【ネット署名】 詳細一覧はこちらをクリック!

① 世界各国に平和憲法を広めるために、日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください。   ➔ http://chn.ge/1bNX7Hb

 世界各国リーダー宛: いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。話し合いで平和的に解決してください。 仲裁に努めてください。
➔ https://www.change.org/p/no-war-1

 「国連・平和への権利」要請署名 ➔ https://www.change.org/p/right-to-peace

④ 4野党宛:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書
➔ https://www.change.org/p/be-united-in-good 

 神奈川県でも野党統一候補を:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書 
 https://www.change.org/p/one-kanagawa  署名用紙はこちらからダウンロードできます。

2014年12月24日水曜日

Share Article 9 worldwide

                     Share Article 9 worldwide
                     Our resolution toward Nobel Prize acquisition
                      日本語⇒http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/2014/11/9.html

To our regret, our campaign to “Award the 2014 Nobel Peace Prize to the Japanese citizens who have maintained Article 9 of the Constitution” was not fulfilled, but we believe that we successfully drew worldwide attention and we were just one step away from winning the prize. On October 10th, we awaited the formal announcement of the Nobel Prize Committee before over 100 news reporters and many TV cameras. The result was regrettable. However, we would like to confirm with the more than 440,000 people who gave signatures and those who take pride in Article 9 that we will continue our campaign.

Alfred Nobel, who invented dynamite, established the Nobel Peace Prize. He wished for the progress of humanity and world peace. The Constitution of Japan came into being on the basis of the deep sorrow Japan derived from the atrocities it perpetrated upon Asian peoples during WWII, and the Hiroshima and Nagasaki atomic bomb tragedies. Our resolution that we will never again repeat war is included in Article 9. But with the passage of 70 years since the last war, the Japanese people seem to have forgotten the significance of the article, almost as if we forgot the importance of air and water, even though we live our daily lives protected by it. Reading the Constitution again, we feel profound history and wisdom  included in it. Haiku poet Matsuo Basho advocated “Fueki-Ryuko” (Immutability and fluidity). Immutable principles of universal humanity are included in the Constitution, especially in Article 9. But as we all notice, that “Oath of no-war” is gradually being broken down.

On July 1st, the Abe Cabinet greatly damaged the noble ideals of the Constitution by making a decision allowing the exercise of the right to collective self-defense. We wonder if Prime Minister Shinzo Abe, who always advocates Japan as a law-abiding country, notices that he has gravely violated this supreme law. His decision is nothing short of a serious crime which might endanger the fate of the nation. Song writer Nakanishi Rei says, in his lyric “Youngsters, never go to the battlefield”:
“Why is that the Supreme Court voices no complaint toward such a crucial constitutional violation?” 
The Abe Cabinet, without going through the correct procedures for constitutional amendment, has been  pushing forward with breaking down the Constitution and trying to make Japan a country that can wage war.          

Right now however, the Constitution of Japan is still alive and well. We need to resist this outrageous act “through every conceivable democratic way based on the Constitution.” Otherwise, Japan may become involved in a disastrous war again. We think that when the Japanese people have successfully defended the Constitution against Abe’s law-breaking scheme, the people will truly be worthy of the Nobel Peace Prize. This year the Nobel Prize Committee selected as the two awardees people who have risked their lives fighting to improve human rights situations in their countries, and maybe they were trying to show us, the Japanese people, the way forward.           

Looking back at the activities of the past year, we find we have reached a new perspective. The world is in a deep confusion and turmoil. The wealth of the world is concentrated among a handful of people, and the rest are afflicted with poverty. Amid disputes of increasing frequency, hatred produces hatred. We wonder how mankind will overcome this cycle of hatred and disparity between rich and poor. The Nobel Prize Committee may itself be seeking a resolution.

We want to end conflicts around the world. We also want to eliminate poverty all over the world. The Constitution of Japan stands on a noble ideal that liberates every people of the world from oppression and discrimination, and aims for a society where everyone can be respected as a person. In particular, Article 9 matters most since it clearly stipulates renunciation of war, non-possession of arms and denial of belligerence. We believe that spreading of the article in all the countries of the world will stop these problems from getting worse and lead to dialogues for solving them.

Every year nominations for the Nobel Peace Prize are received between September 1st and February 1st. Signatures of support can be accepted until just before the announcement of the year’s awards in October. In 2015 we will renew our campaign to “Award the Nobel Peace Prize to Japanese citizens who have maintained Article 9 for nearly 70 years”.  

Our aim will be to collect 1 million signatures for the day when all the people of the world can share Article 9!
                                             October 11th, 2014
Executive Committee for
“The Nobel Peace Prize for Article 9 of the Japanese Constitution”

                     

2014年12月9日火曜日

【 DMZ平和賞特別賞に「9条にノーベル賞」実行委 】神奈川新聞 2014-12-19


神奈川新聞の記事は ↓ をクリックしてください。


ご賛同くださっている皆様へ


たくさんの皆様のご賛同・ご支援・ご協力心から感謝申し上げます。

世界の平和へのお力添え下さり心から感謝申し上げます。

この度、「憲法9条にノーベル平和賞を」の取組(事務所所在地:相模原市南区)が、韓国 江原道と江原日報社が主催する「DMZ平和賞2014年特別賞」を受賞致しました。

これはひとえに、(推薦してくださった先生方のご協力と)、日本国内外の平和を愛する多くの方々のご賛同とご支援、ご協力が評価されたと受け止めております。

たくさんの皆様の平和を願い憲法9条を守り、活かし、広めるために取り組んでくださった賛同の輪が、韓国にも届き、同じく平和を願い国境を超えて手をつないでくださったと受け止めております。

12月9日、韓国江原道 鉄原郡庁で授賞式が行われます。実行委員会からは、共同代表の石垣義昭と高橋順二が出席の予定です。

 戦争しない「憲法9条」を世界に広めたいと願う世界中からの47.5万人(12/2現在)を超える方々の思いが込められた受賞です。

2015年度は、戦争しない「憲法9条」が世界で共有される日を目指して、100万人の賛同署名を目指しております。

      ◆署名用紙 ⇒署名ダウンロードはこちら

      ◆ネット署名
         ●日本語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1bNX7Hb
         ●英語版ネット署名  ⇒ http://chn.ge/1bU0pay
         ●韓国語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/SX9NHa
         ●中国語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1kRuUIJ


また、新しいネット署名
 
      ◆各国代表者宛: 『いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。
                    話し合いで平和的に解決してください。仲裁に努めてください。』
        ネット署名サイト ⇒ http://chn.ge/1rmw6X4
                         (随時、宛先を追加していきます。)

        こちらにもご賛同・署名拡散にご協力賜れましたら幸いです。

世界の平和を願い、「戦争しないでほしい、仲良くしてほしい」という素直な、素朴な平和を求める声を世界中で大きくするために、国を超えて世界中の平和を愛する人たちと手をつなぎ、それぞれの政府に戦争させないように働きかけ、置かれたところから、世界の平和を願う1人ひとりの小さな声と力を合わせて頑張っていきましょう!
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!
心から感謝を込めて


「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会


 bb


2014年12月7日日曜日

「9条にノーベル賞」活動が 韓国の平和賞受賞へ  東京新聞2014-12-6 31面

ご賛同くださっている皆様へ


たくさんの皆様のご賛同・ご支援・ご協力心から感謝申し上げます。

世界の平和へのお力添え下さり心から感謝申し上げます。

この度、「憲法9条にノーベル平和賞を」の取組(事務所所在地:相模原市南区)が、韓国 江原道と江原日報社が主催する「DMZ平和賞2014年特別賞」を受賞致しました。

これはひとえに、推薦してくださった先生方のご協力と、日本国内外の平和を愛する多くの方々のご賛同とご支援、ご協力が評価されたと受け止めております。

たくさんの皆様の平和を願い憲法9条を守り、活かし、広めるために取り組んでくださった賛同の輪が、韓国にも届き、同じく平和を願い国境を超えて手をつないでくださったと受け止めております。

12月9日、韓国江原道 鉄原郡庁で授賞式が行われます。実行委員会からは、共同代表の石垣義昭と高橋順二が出席の予定です。

 戦争しない「憲法9条」を世界に広めたいと願う世界中からの47.5万人(12/2現在)を超える方々の思いが込められた受賞です。

詳しくは、東京新聞 2014-12-6 31面の記事をご覧ください。
  
  韓国の江原日報の記事は ⇒ http://www.kwnews.co.kr/nview.asp?s=501&aid=214112400160 を
                                     ご参照ください


2015年度は、戦争しない「憲法9条」が世界で共有される日を目指して、100万人の賛同署名を目指しております。

      ◆署名用紙 ⇒署名ダウンロードはこちら

      ◆ネット署名
         ●日本語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1bNX7Hb
         ●英語版ネット署名  ⇒ http://chn.ge/1bU0pay
         ●韓国語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/SX9NHa
         ●中国語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1kRuUIJ


また、新しいネット署名
 
      ◆各国代表者宛: 『いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。
                    話し合いで平和的に解決してください。仲裁に努めてください。』
        ネット署名サイト ⇒ http://chn.ge/1rmw6X4
                         (随時、宛先を追加していきます。)

        こちらにもご賛同・署名拡散にご協力賜れましたら幸いです。

世界の平和を願い、「戦争しないでほしい、仲良くしてほしい」という素直な、素朴な平和を求める声を世界中で大きくするために、国を超えて世界中の平和を愛する人たちと手をつなぎ、それぞれの政府に戦争させないように働きかけ、置かれたところから、世界の平和を願う1人ひとりの小さな声と力を合わせて頑張っていきましょう!
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!
心から感謝を込めて

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会