憲法9条にノーベル平和賞を

For English http://npp4a9.blogspot.jp   【ネット署名】 詳細一覧はこちらをクリック!

① 世界各国に平和憲法を広めるために、日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください。   ➔ http://chn.ge/1bNX7Hb

 世界各国リーダー宛: いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。話し合いで平和的に解決してください。 仲裁に努めてください。
➔ https://www.change.org/p/no-war-1

 「国連・平和への権利」要請署名 ➔ https://www.change.org/p/right-to-peace

④ 4野党本部宛:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書
➔ https://www.change.org/p/be-united-in-good 

 神奈川県でも野党統一候補を:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書 
 https://www.change.org/p/one-kanagawa  署名用紙はこちらからダウンロードできます。

2016年11月2日水曜日

賛同団体【野党4党神奈川県連御中】


野党4党神奈川県連御中                           

憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 

衆議院小選挙区での選挙協力への要望書

    URL → https://www.change.org/p/one-kanagawa

賛同団体 第一次:

相模が丘九条の会/相模台・南台9条の会

野党共闘を求めるネット署名を立ち上げました。

※神奈川県連あての署名サイト → https://www.change.org/p/one-kanagawa

党本部あて署名はこちら → https://www.change.org/p/be-united-in-good

野党4党神奈川県連御中    

憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 
衆議院小選挙区での選挙協力への要望書


民進党神奈川県総支部連合会
日本共産党神奈川県委員会
自由党神奈川県総支部連合会
社民党神奈川県連合 御中

2015年、憲法違反の「安保関連法案」を廃案にすべく市民と上記貴政党が最後まで結束して奮闘されました。
 2016年7月に行われた参議院選挙の結果、改憲勢力が憲法改正の発議可能な三分の二以上の議席を占めましたが、全ての一人区での野党共闘が実現し、一定の成果をあげることができたことは大いに勇気づけられました。
これからの国会において、自民党の「憲法改正」の発議を阻止するために貴政党の果敢な取り組みを期待いたします。わたしたち市民も総力を結集して発議阻止のために奮闘いたします。
 それと同時に、来る総選挙においては、憲法違反の安保法制を廃止し、憲法違反を続ける安倍政権を退陣に追い込み、自民党の改憲を阻止するために、小選挙区で野党4党が勝利することが絶対条件です。それには、野党4党が統一候補を擁立することが欠かせません。幸いにも、4野党の党首間で「衆院選でもできる限り選挙協力する」ことがすでに合意さています。 この合意をもとに全衆議院小選挙区において野党統一候補が実現されるよう貴政党に切望いたします。
------------------------------
★野党共闘を求める他の署名 にもご賛同お願いします★
党本部あて→https://www.change.org/p/be-united-in-good
連合あて→https://www.change.org/p/cooperation
------------------------------




2016年10月8日土曜日

2016年度ノーベル平和賞の受賞発表を受けて

たくさんの皆様のご支援ご協力に心から感謝申しあげます。

戦争しない憲法9条を輝かせるために、日本をはじめ、たくさんの国の方々にもご支援ご協力いただきまして、本日、受賞発表の日を迎えられました事を心から感謝申し上げます。

 本日、2016年度のノーベル平和賞が発表され、和平実現のご尽力してこられたコロンビアのサントス大統領が受賞されました。 サントス大統領に心からの敬意と祝意を表します。

 「憲法9条を保持する日本国民や9条関連の候補者の受賞は成りませんでしたが、ここに72万058筆の署名をしてくださいました皆様、推薦人になってくださいました皆様、韓国をはじめ、マレーシア、コスタリカなどこれまでご支援ご協力くださいました世界中の皆様に心からの感謝と御礼を申し上げます。

 2015年、憲法違反の安保法制が強行可決され、2016年参議院選挙の結果、衆参両議院で改憲勢力が3分の2を占め、改憲発議が可能な状況になりました。
いま、憲法は危機に直面しておりますが国の最高規範である憲法は変っておらず、今現在も憲法に反する法律は無効です。(憲法98条)

 わたしたちは、「戦争の放棄を定める憲法9条を保持する日本国民」が、憲法を基に、世論・選挙・裁判などの非暴力な方法で、国家権力を縛り、憲法違反の安保法制を廃止し、憲法の柱である「基本的人権の尊重」、「国民進権」、そして「平和主義」を取り戻せるものと確信しています。

 そして、戦争の絶えない世界の中で、戦争の放棄を定めた憲法9条を世界に輝かせ、人類未踏の軍事力によらない平和の実現に向けて貢献していくことを願い、憲法が憲法である限り取り組みを続けます。

平和を願う1人1人の小さな声と力を合わせて、引き続き、憲法9条を守り、活かし、世界に広めていきましょう。

平和への願いと感謝をこめて

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会
2016-10-7



10月9日11時時点でネットにアップされている記事一覧

憲法9条、またもノーベル平和賞を逃す 相模原で実行委員会が会見

ニフティニュース - 
一方、参院選後、憲法改正の発議に必要な衆参両院の議席「3分の2」を改憲勢力が得たことに、実行委員会は懸念を募らせる。それでも、世界各地で紛争がやまず、テロの惨劇が繰り返されているからこそ、「今までになく日本国憲法の理念の崇高さ、歴史的意義に思いを深めて ...

憲法9条ノーベル平和賞を」は受賞逃す

BIGLOBEニュース - 
今年のノーベル平和賞にノミネートされていたものの、惜しくも受賞を逃した『「憲法9条ノーベル平和賞を」実行委員会』の代表は、会見で次のように述べました。 「受賞はなりませんでしたが、ここに72万58筆の署名をしてくれた皆さん、推薦人の皆さん、韓国、マレーシア、 ...

<いま読む日本国憲法>(特別編) 現状、9条に逆風
2016年10月8日 中日新聞

「ノーベル平和賞を」 三度目の正直ならず 実行委「あきらめず世界に訴え」 /神奈川
2016年10月8日 毎日新聞

憲法9条ノーベル賞を」今後も活動続ける

NHK - 
憲法9条を持つ日本国民にノーベル平和賞をと訴えてきた実行委員会のメンバーや支援者は神奈川県相模原市の公共施設に集まり、インターネットを通じた中継で発表の様子を見守りました。受賞がかなわなかったことが伝えられると関係者からは惜しむ声があがっていました。

ノーベル平和賞ならなかったけど…9条世界に広めたい 受賞目指し活動 実行委会見

東京新聞 - 
ノーベル平和賞の候補に挙がっていた「憲法9条を保持している日本国民」が受賞を逃した7日、活動を推進してきた相模原市の市民団体「憲法9条ノーベル平和賞を」実行委員会が市内で会見した。「9条の持つ価値、平和実現のための手段としての重要性は変わらない」と強調 ...



2016年10月1日土曜日

2016年10月7日(金)18時 ノーベル平和賞の発表です!

たくさんの皆さまのご支援ご協力に心から感謝申し上げます。

今年度のノーベル平和賞の発表は、

2016年10月7日(金)日本時間18時になります。


発表の様子は、以下↓のサイトから、生中継でご覧いただけます。 上から4つ目のノーベルメダルがある、10/7のサイトです。




どのような結果であろうとも、安保関連法の廃止と世界に向けて戦争の放棄を定める憲法9条を広めていくための力となるように前向きに発信していきたいと思っております。 

引き続き小さな声と力を合わせて頑張っていきましょう!




2016年7月14日木曜日

参議院選挙結果を踏まえて



   7月10日の参議院選挙は改憲勢力が3分の2を超える残念な結果となりました。しかし内容面で見ると、1人区(32)全てで野党統一候補が実現し、11の選挙区で当選を果たすなど大きな成果をあげました。取り分け今度の選挙では市民が積極的に声を上げ、行動し政党を動かし、候補者を力付けました。これはかつての選挙では見られなかったもので、日本国憲法の国民主権、民主主義、平和主義、立憲主義に反して強引に押し進める安倍政権の暴挙に気づき行動する市民が増えてきている事を示していると思います。

  衆参両方で改憲派が3分の2を超えてしまった今こそ、憲法の素晴らしさを共有し、自民党の改憲草案の危険性を知らせることが急務ではないでしょうか。

憲法9条の素晴らしさを共有し、守り、活かし、世界に向けて広めていく取り組みの一つとして、憲法が憲法である限り「憲法9条にノーベル平和賞を」の取組を続けます。今年のノーベル平和賞の発表は10月7日です
そして、自民党の改憲草案に危険性を学び、同時に発信していきましょう!

1人1人が平和を願い身近なできることから動き始めることで、状況が変化を始めます。さあ、未来に希望をもって頑張っていきましょう!


「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会

2016年7月8日金曜日

2016年度、「憲法9条にノーベル平和賞」に賛同し、ノーベル委員会に推薦してくれた推薦国会議員の一覧



 2016年度超党派国会議員推薦人(敬称略)73名

衆議院議員 42名  
                                

1赤嶺 政賢  共産沖縄1 
2阿部 知子  民進(比)南関東 
3池内 さおり  共産(比)東京都 
4梅村 さえこ  共産(比)北関東 
5逢坂 誠二  民進北海道8 
6大平 喜信  共産(比)中国 
7小川 淳也  民進(比)四国 
8笠井 亮  共産(比)東京都 
9郡 和子  民進(比)東北 
10穀田 恵二  共産(比)近畿 
11近藤 昭一  民進愛知3 
12斉藤 和子  共産(比)南関東 
13志位 和夫共産(比)南関東  
14塩川 鉄也  共産(比)北関東 
15階 猛  民進岩手1 
16篠原 孝  民進長野1 
17島津 幸広  共産(比)東海 
18清水 忠史  共産(比)近畿 
19鈴木 克昌  民進(比)東海 
20高橋 千鶴子  共産(比)東北 
21玉城 デニー  生活沖縄3 
22田村 貴昭  共産(比)九州 
23辻元 清美  民進大阪10 
24照屋 寛徳  社民沖縄2 
25中川 正春  民進三重2 
26仲里 利信  沖縄4 
27中根 康浩  民進(比)東海 
28畑野 君枝  共産(比)南関東 
29畠山 和也  共産(比)北海道 
30初鹿 明博  民進(比)東京都 
31福田 昭夫  民進栃木2 
32藤野 保史  共産(比)北陸信越 
33堀内 照文  共産(比)近畿 
34真島 省三  共産(比)九州 
35松木  けんこう  民進(比)北海道 
36宮崎 岳志  民進(比)北関東 
37宮本 岳志  共産(比)近畿 
38宮本 徹  共産(比)東京都 
39本村 賢太郎  民進(比)南関東 
40本村 伸子  共産(比)東海 
41横路 孝弘  民進北海道1 
42吉川 元  社民(比)九州 


参議院議員 31名

1相原 久美子民進比例
2有田 芳生民進比例
3石橋 通宏民進比例
4市田 忠義共産比例
5糸数 慶子沖縄
6井上 哲士共産比例
7江崎 孝民進比例
8大島 九州男民進比例
9小川 敏夫民進東京
10紙 智子共産比例
11神本 美恵子民進比例
12川田 龍平比例
13吉良 よし子共産東京
14倉林 明子共産京都
15小池 晃共産比例
16小西 洋之民進千葉
17主濱 了生活岩手
18大門 実紀史共産比例
19田城 郁民進比例
20辰巳 孝太郎共産大阪
21田村 智子共産比例
22寺田 典城比例
23徳永 エリ民進北海道
24那谷屋 正義民進比例
25白 眞勲民進比例
26福島 みずほ社民比例
27藤本 祐司民進静岡
28又市 征治社民比例
29水岡 俊一民進兵庫
30山下 芳生共産比例
31吉田 忠智社民比例


※2016-06-30政党名を更新しました。


推薦状の詳細は → こちら



2016年7月7日木曜日

7月10日参議院選挙★あと少しまわりの人に「投票に行こう」の呼びかけをお願いします

こんにちは!
報道で、自公で参議院選挙「3分の2」というニュースにめちゃくちゃ、ショックです。この参議院選挙の本当の争点、まさに「自民党の改憲発議」ですよね。
自公と補完勢力、手続きもちゃんと踏まず、多数の憲法学者の違憲との声も、国民の声も無視して、強行採決した安保法制!
こんな先進国の政治家だと思えない「非民主的」、「非立憲主義的」なやり方を通す、自公政権をそのまま当選させては日本の未来が危ない!
ぜひ、あと一歩、家族、友人、知人に選挙に行くように働きかけをお願いします!

誰に投票すればいいのか迷っている人は、「どっちにVOTEキャンペーン」参考になると思います。

★どっちにVOTEキャンペーン★
  ↓↓↓
http://demodeza.com/which-u-vote

●「補足説明」:

与党とは⇒自民党と公明党
野党共闘とは⇒ 民進党・共産党・社民党・生活の党 です。

別件で、「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会の取組報告。
「憲法9条にノーベル平和賞を」の推薦国会議員の一覧、ニュース13号をご案内します。ぜひご覧ください。

●「憲法9条にノーベル平和賞を」推薦国会議員一覧
http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/2016/07/2016-9-73-99-181-9-all-70_1.html
●ニュース13号
http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/2016_06_01_archive.html

戦争なんて大嫌い!
第二次世界大戦の悲劇を繰り返さないために、みんなで頑張りましょう!

感謝をこめて