憲法9条にノーベル平和賞を

For English http://npp4a9.blogspot.jp   【ネット署名】 詳細一覧はこちらをクリック!

① 世界各国に平和憲法を広めるために、日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください。   ➔ http://chn.ge/1bNX7Hb

 世界各国リーダー宛: いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。話し合いで平和的に解決してください。 仲裁に努めてください。
➔ https://www.change.org/p/no-war-1

 「国連・平和への権利」要請署名 ➔ https://www.change.org/p/right-to-peace

④ 4野党本部宛:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書
➔ https://www.change.org/p/be-united-in-good 

 神奈川県でも野党統一候補を:憲法違反の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、 衆議院小選挙区での選挙協力への要望書 
 https://www.change.org/p/one-kanagawa  署名用紙はこちらからダウンロードできます。

2015年11月12日木曜日

【推薦人募集】 推薦資格のある方々に推薦のお願いをしてください。

 【推薦資格】                             

●国会議員や閣僚 ●国際裁判所の裁判官 ●大学の学長、社会科学・歴史学・哲学・法学・神学の名誉教授・教授
・准教授 ●平和研究所や外交政策研所の所長 ●ノーベル平和賞の受賞者 ●ノーベル平和賞受賞団体の役員  ●ノルウェーノーベル委員会の現または元メンバー ●ノルウェーノーベル委員会の元アドバイザー   参考サイトhttp://www.nobelprize.org/nomination/peace/

 【推薦方法】  個人 又は連名 で推薦書を提出 
推薦人として当実行委員会でお名前を公表させていただける場合は1月25日までにご連絡お願いいたします。 連絡先:090-9159-5363 メール: c.npp4a9@gmail.com 〕
●個人の場合 
〔推薦書〕: 推薦候補の特質が伝えられる多様な書き方を可能にするために、ノルウェーノーベル委員会は、特定の推薦の提出フォームを導入していない。推薦は長い必要はないが、以下の項目をふくまなければらない。
    ◎推薦候補・・・「戦争の放棄を定める憲法9条を保持している日本国民」
    ◎なぜ、その個人または組織がノーベル平和賞にふさわしい推薦候補であると考えるのか、の説明
    ◎推薦人の氏名、肩書き、学術的あるいは専門的所属
〔締切〕:毎年2月1日   〔言語〕:英語
〔提出方法〕 メール または郵送  ・E-mail postmaster@nobel.no    
・郵送 The Norwegian Nobel Committee   Henrik Ibsens gate 51 0255 Oslo, NORWAY

●連名の場合 共通推薦文にご賛同くださり、お名前を公表させていただける場合は、連名にて推薦書を
当実行委員会からノルウェー・ノーベル委員会へ提出させていただきます。/25までにご連絡お願いします。
--------------------------------------------------------------------------------------
 【共通推薦文】

憲法を基に国家権力を縛り、憲法違反の安保法制を廃止し、軍事力によらない平和の実現に向けて貢献していくことを確信し、「戦争の放棄を定める憲法9条を保持している日本国民」をノーベル平和賞の候補に推薦します。

 日本国憲法は、戦争の放棄と戦力の不保持、交戦権の否認を定めた憲法9条とともに、全世界の国民(all peoples of the world)の平和的生存権を保障する世界で唯一の憲法です。* 日本は、この日本国憲法のもと、70年間にわたり平和国家として歩んできました。

 しかし、政府は201471日、これまで禁じられてきた集団的自衛権行使を容認する閣議決定を行い、
2015919日それに基づき戦争参加への道をひらく「平和安全保障関連法(安保法制)」を強行成立させました。これは平和主義を定めた憲法前文及びその具現化である憲法9条に違反し憲法98条の定めにより無効であり、また、主権者である日本国民による憲法96条の改正手続きなき憲法規範の変更であって無効です。
 
 今春夏、衆・参の院内においては、野党5政党による激しい反対の論戦が張られ、憲法学者などにより「安保法制」が憲法違反であり、その内容は「戦争法」である事が国民の目に明らかになりました。 院外においては、
既存の団体に加え、学生、学者、母親など新しい多様な個人や団体が声を挙げ、立ち上がりました。多くの日本国民はこの法律の成立を支持していません。

 憲法は危機に直面しておりますが、国の最高規範である憲法は変っておらず、今現在も憲法に反する法律は一切無効です。(憲法98条)

 わたしたちは、「戦争の放棄を定める憲法9条を保持している日本国民」が、これから憲法を基に、世論・選挙・裁判などの非暴力な方法で、国家権力を縛り、憲法違反の安保法制を廃止し、憲法の柱である「基本的人権の尊重」・「国民主権」・「平和主義」を取り戻せるものと確信しています。そして、戦争の絶えない世界の中で、戦争の放棄を定めた憲法9条を世界に輝かせ、人類未踏の軍事力によらない平和の実現に向けて貢献していくことを願い、2016年度のノーベル平和賞候補として推薦いたします。



*参考: 平和への権利国際キャンペーン日本実行委員会 「安保法強行採決に強く抗議します」 http://goo.gl/xDpE78
 --------------------------------------------------------------------------------------
 【補足】 一人の推薦人が複数の候補を推薦する事は可能です。


  2016年度も「日本国民」として取組みをすすめる意味 

●戦争しない憲法9条を70年間保持しているのは「日本国民」 
11人が主権者として、自分のこととして 
●受賞対象を特定の護憲の人や団体に絞らない 
●考え方の違いはあってもみんな平和を実現するために共に歩むかけがえのない大切な仲間です 
9条に光が当たることを願って 
●「日本国民」は前年度の正式なノーベル平和賞候補として登録されています 

詳細は http://nobel-peace-prize-for-article-9.blogspot.jp/ をご覧ください。